中国語スクール(中国語教室)CLSでは英語で学べるビジネス会話、中国語検定、HSK対策、好評

開校11年、3000名以上卒業生輩出、企業研修実績が豊富、銀座という好立地!

 

TEL:03-3544-6700

トップ キャンペーン情報 自慢の講師陣 レッスン料 コツ&コラム 無料体験申込

銀座中国語教室の特色

レッスン料割安、激安、格安、割引、キャンペーン価格、低料金、高品質

生徒様の声、口コミ

企業、団体、法人向け中国語研修

コースが豊富、お客様にはオーダーメート。

英語で学ぶコース

中国語検定、新HSK対策

 

生徒様、講師陣スタッフの声、毎日更新、コツ、コラム、イベント発表 

 


新HSK・中国語検定等試験対策 コース
 

世界共通基準の中国語資格だから

就職昇進に有利!!

中国留学に必須!!

中国語学習の効果測定に最適!!

唯一の世界標準中国語テストにリニューアルしたHSK

HSK(漢語水平考試)は、中国語政府教育部(日本の文部科学省に相当)の認定する中国語の資格試験で、母語が中国語ではない人の中国語の能力を測るために作られています。現在、中国国内46都市129ヶ所、世界全域で実施されています。中国において中国語能力の公的な証明として通用し、HSK証書は中国留学の際の基準となり、就職や転職の際にも活用されています。

 
企業における活用例 学校における活用例
海外出張や駐在の基準 中国の大学に正規留学するための中国語能力証明
昇進・昇格の要件 日本の大学の推薦入試基準
社員の中国語能力測定 日本の高校・大学での中国語課程の単位認定基準


HSK試験の内容は2010年に大きくリニューアルされ、中国語によるコミュニケーション能力の評価に重点を置いたものとなりました。また、試験難易度の幅も広がり、初級から上級まで、あらゆるレベルの学習者のニーズを満たす試験となっています

旧HSKとの比較
 

新HSK

6級 5級 4級 3級 2級 1級
旧HSK 高等(9・10・11級) 中等(6・7・8級)
初等(3・4・5級)
基礎(1・2級)      


2013年度HSK試験日程
 

試験日 実施試験 試験会場 申込受付期間
3月23日(土) 筆記・口試 東京・愛知・阪神・福岡 12月20日(木)〜 2月20日(水)
6 月16日(日) 筆記 東京・愛知・阪神・京都・広島 3月16日(土)〜 5月16日(木)
9 月7日(土) 筆記 東京・愛知・阪神・福岡 6月7日(金)〜 8月7日(水)
12 月1日(日) 筆記・口試 東京・愛知・阪神・京都・広島 9月1日(日)〜 11月1日(金)

※2013年度口試の会場は東京・愛知・阪神のみ


HSK試験対策コース案内

対象:新HSK 3〜6級を受ける方
目的:受験者がこれまでに学習してきた内容を短期間で整理し、模擬テストで集中的に強化トレーニングをし、短期間でHSKの成績をより一層伸ばすことができるように、レベルの躍進を求めます。

 

授業内容:
時間数 授業内容
10時間 語彙 テストによく出る重要単語及び熟語のまとめ
閲読 重要な文法項目のまとめ及び難点解説
   擬テストでの例題解析、出題ポイントの解説
7時間 聴力 模擬テストでの例題解析、ポイント説明
6時間 書写 出題ポイントの把握及び模擬練習
2時間 質問 受講者の質問への回答


中検対策コース開講のお知らせ

中国語検定の第一回目の実施は1981年で、他の語学検定試験に比べても比較的歴史は新しいものです。やはりそれには日本と中国の国交が深く関わっており、それが中国語検定の歴史に繋がっているともいえます。
1981年「中国語学力検定協会」が設立され、同時に「中国語検定」が実施されたのです。当時は1級、2級、3級、4級の4段階に分けられ、そのレベルは今では6段階になっています。以後これまで約50万人が受験し、その内容や形式も徐々に変化し、試験会場も北京や上海などの中国国内にも広がをみせており、これからの需要も高まりそうです。


中国語検定認定基準
中国語検定の中で最も歴史があります。

準4級 中国語学習の準備完了
学習を進めていく上での基礎的知識を身につけていること。 (学習時間60〜120時間。一般大学の第二外国語における第一年度前期修了,高等学校における第一年度通年履修,中国語専門学校・講習会等において半年以上の学習程度。)基本単語約500語(簡体字を正しく書けること),ピンイン(表音ローマ字)の読み方と綴り方,単文の基本文型,簡単な日常挨拶語約50〜80。
4級 中国語の基礎をマスター
平易な中国語を聞き,話すことができること。 (学習時間120〜200時間。一般大学の第二外国語における第一年度履修程度。) 単語の意味,漢字のピンイン(表音ローマ字)への表記がえ,ピンインの漢字への表記がえ,常用語500〜1,000による中国語単文の日本語訳と日本語の中国語訳。
3級 自力で応用力を養いうる能力の保証(一般的事項のマスター)
基本的な文章を読み,書くことができること。 簡単な日常会話ができること。 (学習時間200〜300時間。一般大学の第二外国語における第二年度履修程度。) 単語の意味,漢字のピンイン(表音ローマ字)への表記がえ,ピンインの漢字への表記がえ,常用語1,000〜2,000による中国語複文の日本語訳と日本語の中国語訳。
2級 実務能力の基礎づくり完成の保証
複文を含むやや高度の中国語の文章を読み,3級程度の文章を書くことができること。日常的な話題での会話が行えること。 単語・熟語・慣用句の日本語訳・中国語訳,多音語・軽声の問題,語句の用法の誤り指摘,100〜300字程度の文章の日本語訳・中国語訳。
準1級 実務に即従事しうる能力の保証(全般的事項のマスター)
社会生活に必要な中国語を基本的に習得し,通常の文章の中国語訳・日本語訳, 簡単な通訳ができること。 新聞・雑誌・文学作品・実用文等やや難度の高い文章の日本語訳・中国語訳。
1級 高いレベルで中国語を駆使しうる能力の保証
高度な読解力・表現力を有し,複雑な中国語及び日本語(例えば挨拶・講演・会議・会談など)の翻訳・通訳ができること。 (1次)時事用語も含む難度の高い文章の日本語訳・中国語訳。熟語・慣用句等を含む総合問題。 (2次)中国人との会話及び通訳。


2013年度中検第79〜78回お申込み受付期間
 

第79回
2013年3月24日(日)
<申込期間>1月15日(火)〜2月15日(金)
 
第80回
2013年6月23日(日)
<申込期間>4月15日(月)〜5月15日(水)


中検対策コース案内
 

対象:中検準4〜1級を受ける方

目的:受験者がこれまでに学習してきた内容を短期間で整理し、模擬テストで集中的に強化トレーニングをし、短期間で中検の成績をより一層伸ばすことができるように、レベルの躍進を求めます。

授業内容:

時間数 授業内容
10時間 語彙 テストによく出る重要単語及び熟語のまとめ
筆記 重要な文法項目のまとめ及び難点解説
7時間 筆記 擬テストでの例題解析、出題ポイントの解説
6時間 リスニング 模擬テストでの例題解析、ポイント説明
2時間 質問 受講者の質問への回答


 

コース 時期日時
中検受験対策(四級〜一級) 自由予約

 

HSK受験対策(35級)
TECC、C.TEST受験対策
各テスト直前の難問解答
 開講時間(日時) 平日10:0022:00まで(最終レッスン21:00〜)
土日
10:0019:00まで(最終レッスン18:00〜)
レッスン時間 55/
レッスン予約方法 インターネット、またはお電話で自由に予約や変更ができます。予約の変更の受付は、前日にさせ頂きます。
担当教師 ネイティブの中国人教師
クラス定員 マン・ツーマン(1名)
使用教材 目的別・レベル別に厳選した教材をご用意

契約回数(一括払い)が多くなりますと、単価が安くなります。単位:円

昼間コースと月謝制

単価 合計
昼間コース
25回、平日18時まで)
1レッスン@4,400 110,000
月に4回(月謝制) 1レッスン@5,000 20,000

契約回数

単価 合計

10回コース

→1レッスン@4,950 49,500
25回コース →1レッスン@4,800 120,000
50回コース →1レッスン@4650 232,500
75回コース →1レッスン@4500 337,500
100回コース →1レッスン@4,350 435,000
150回コース →1レッスン@4,200 630,000

  • 東京の中国語教室 TOP